Now Loading...

お知らせ

雨漏りは雨樋が壊れてしまったことが原因のケースも!

  • 2022.01.20

バケツの水をひっくり返したような大雨。

年に何回かそういった大雨に見舞われてしまうこともありますね。
そういった時に損傷しやすいのが、雨樋です。

建物の中で屋根や外壁はある程度、耐久性のある素材になっているのですが、雨樋だけは硬質塩化ビニル素材で作られているものが多いです。

防水性には優れているのですが、プラスチックのような素材なのであまり強さはありません。

そのため、激しい衝撃があると割れてしまうことがあります。

例えば雨の量が多すぎて、水圧の力によって雨樋部分の亀裂が入ったり、継手部分が取れてしまったりなど。

それがきっかけで本来、雨水が流れるべき場所に流れず、屋根や外壁にかかってしまうことがあります。

そういった雨どいの不具合がきっかけで雨漏りが発生してしまうことがあるので、雨樋もある程度年月が経ったらメンテナンスしておいた方が良い箇所です。

雨樋は10年ぐらい経ったら一度メンテナンスしましょう。
もともと硬質塩化ビニルは時間が経つと、より硬くなって割れやすい性質へと変化していきます。
例えば、雪やヒョウなど降ったらすぐに壊れてしまうこともあるほどです。

幸建では、雨樋も含めた建物の外装全般の修理を行っています。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから