Now Loading...

お知らせ

雨漏りを放置するとどうなるか

  • 2021.10.20

皆さんはご自宅で雨漏りを経験されたことはありますでしょうか。雨漏りの症状が出ていそうだけれど、何となく何もしないでそのままにしているという方は意外と少なくないのではないでしょうか。今回はそんな雨漏りを放置するとどのようなことがあるのかについて、少しお話をさせて頂きたいと思います。

まず、木材が徐々に腐食してしまうということです。雨漏りが起きるということは、家の中まで雨が侵入しているということですが、日本の住宅は木材を使用していることも多く、そのため木材が濡れっぱなしだと腐り始めてしまいます。住宅に金属を使用されている場合にはサビが生じてしまいます。雨漏りを放置し続けると、時期によってはカビが発生してしまうこともあります。また、雨漏りの原因となる場所を中心としてシロアリが増えていってしまいます。

愛知県春日井の幸建株式会社は、中部圏を中心に、雨漏りなどのトラブルを防ぐ防水工事のほか、シーリング工事・塗装工事等を行っております。どんなに頑健な防水処理が施されていても、年月とともに劣化していきます。アフターフォローも含む丁寧・綺麗な施工をさせて頂きますので、定期点検で建物を水から守りましょう。

お問い合わせはこちらから