Now Loading...

お知らせ

防水工事の流れについてご紹介します

  • 2021.07.20

本記事をご覧の方の中には、これから専門業者に防水工事を依頼したいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は、防水工事を依頼すると、実際にどのような流れで防水工事を施工してもらえるのかについて、簡単にご紹介をさせて頂きたいと思います。

まずはいきなり防水工事を行う前に対象部分をしっかりと清掃して汚れを取り除いていきます。効果的な防水工事を行うためには、下地の状態も重要です。シーリングが損傷していれば修理や取り換える必要もあります。下地が完了すると、接着性をあげるための下塗りを行います。防水シートをしっかりと張っていきます。その上で、防水層をつくるために、主剤防水を広く塗っていきます。場合によっては2回塗りを行います。最後にトップコートをかけることで完成となります。現場を確認の上、問題なければ引渡しとなります。

愛知県春日井の幸建株式会社は、中部圏を中心に、雨漏りなどのトラブルを防ぐ防水工事のほか、シーリング工事・塗装工事等を行っております。どんなに頑健な防水処理が施されていても、年月とともに劣化していきます。アフターフォローも含む丁寧・綺麗な施工をさせて頂きますので、定期点検で建物を水から守りましょう。

お問い合わせはこちらから