Now Loading...

お知らせ

家のなかが「ジメジメ」していると感じたら要注意のサインかも?

  • 2021.04.20

どの住宅にも、家の外まわりを囲むモルタル壁や外装材、または屋根材の裏側には
水を内部に浸入させないようにするための「防水シート」が敷き詰められています。

雨漏りというのは、雨水が下地部分の木材や、屋内に浸入するためには
「①屋根・外壁」「②防水シート」という2段階の突破口を抜けなければなりません。

ここで注意しておきたい2つのポイントがあります。
ひとつ目は、防水シートも完璧に雨水を防ぐことはできないということです。
防水シートの施工は、家を建てるときに釘を使って張っていきます。
モルタル壁の場合、さらにその上から針金製の網をかぶせますが、この網も釘で固定します。
つまり、防水シートには「釘穴」があるということです。

もう一つは、屋根材、外壁材は「経年劣化」するということです。
外まわり建材の経年劣化には、次のような症状があらわれます。


【チョーキング】外壁の表面を擦ると「白い粉」が手につく。塗料の成分が粉状に劣化したもの。

【変色】外壁に汚れがこびりついたり、カビやコケが繁殖している状態。

【クラック(ひび割れ)】髪の毛程度のひび割れ(ヘアクラック)なら問題はありませんが
            大きなヒビは雨水の浸入口となりますので要注意です。

【シーリングの劣化】紫外線などの影響で、弾力性が無くなり、ひび割れや隙間を作ります。


「①屋根・外壁」「②防水シート」の状態不良という悪条件を揃えてしまわないように
何か違和感を感じるときは、専門業者へご相談されることをおすすめしています。
雨漏りというのは、「見えない雨漏り」の期間がじつに長いものです。
室内に漏れ出すまでの期間は「潜伏期間」のようなもの。

梅雨時期や雨の日でないのに
「家のなかがジメジメしているな」と感じたときは
注意して観察してみてください。

愛知県春日井市を中心に、各種防水工事をおこなう「幸建 株式会社」は
施工後のアフターフォローもお任せください!
親切・丁寧な対応で、建物を雨からまもります。

お問い合わせはこちらから