Now Loading...

お知らせ

雨漏り修理はどんな時に依頼すべき?その判断ポイントとは

  • 2021.02.19

雨漏りはどんなタイミングで依頼すべきか判断が難しいです。
天井からポツポツと雨漏りするぐらいの状態では、はっきり言って遅いぐらいです。

雨漏りの可能性がある初期症状で修復したほうが費用も抑えられるケースが多いです。
具体的にどんな症状が出ると雨漏りの可能性があるのか見てみましょう。

・天井が湿っている
・天井の一部にシミができている
・雨音が大きく聞こえる
・雨が降るとカタカタと屋根材の音が聞こえる
・雨樋以外の場所から水がポタポタ垂れる

 

天井に変化が見えるのは分かりやすい雨漏りの症状です。
おそらく屋根材の内側に敷かれているルーフィングシート(防水シート)が機能しなくなって、浸透してしまっている可能性が高いです。

その場合は屋根材を一度剥がしてルーフィングシートの交換が必要になります。

それ以外に雨音が大きく聞こえたり、屋根材の音は聞こえる場合は屋根材のひび割れやズレなどが考えられます。

 

雨によって屋根材がずれ、屋根材同士がぶつかり合ってカタカタと音が鳴ることがあります。
この場合は屋根材の損傷部分だけ修復すれば直るケースがほとんどです。

そして雨樋から水が流れない場合は、屋根材のズレや歪みが生じ、雨樋に雨水がうまく流れていない可能性があります。
あるいは、雨樋自体が壊れていることもあります。

もし雨漏りかなと感じる症状がありましたら、幸建までご相談ください。

 

雨漏り修理・防水工事なら春日井市にある「幸建 株式会社」にお任せください。

お客様が安心できる施工をお届けいたしており、アフターフォローにも力を入れております。
お見積りも無料ですので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらから